HTTPの下の方

先日こんなツイートをしました。

思ったより多くの反響をいただいて、その内容を見て「これはあまり良くない質問だったかもな」と思ったので今後封印すると共に「自分だったらこう答える」というのを書いておこうと思いました。

元が面接の話なので、調べないで時間をかけないように書いてるので間違ってたら教えてください!!

続きを読む HTTPの下の方

キミは世界を変えるチカラを持っている

転職面接のFAQで「何で前職を辞めたんですか」というのがありますが、それに対して一般的には「ネガティブな答えはNG」ってされてると思います。

その理由は、面接官から「その状況を変えようとしましたか?」みたいな質問になり、その質問に対する「良い答え」の難易度がとても高いから、というところだと思います。(ちゃんと答えられれば評価爆上げですが、そもそも博打ですよね!)

で、ですね。「変えようとしたか」というのが今日のテーマです。

言いたいことファーストで言うと「不満点は表明すれば自動で解消される可能性がある」「辞めるならあなたが積み立てた信頼貯金(クレジット)を使ってからの方が良い」ということです。

続きを読む キミは世界を変えるチカラを持っている

PHPerKaigi 2020 を主催した #phperkaigi

去る2020年2月9日(日)〜2月11日(火)に、PHPerKaigi 2020 を主催しました。

PHPerKaigi は第1回が2018年なので3回目の開催になります1

長谷川は PHPerKaigi に加えて iOSDC Japan の主宰もしており、今回で7回目の草の根技術カンファレンス主催でした。今回はその中でも一番、「今回はやり切ったな」「もうこれ以上やることは無いかもしれない」と思う開催でした。(まあ毎回そんな風に思っているのですが)

今回はPHPer茶会2、PHPerチャレンジ3といった2019年導入の企画はそのまま据え置き、会場の新スペース開拓、トレーディングカード、コードゴルフといった新企画を追加しての開催でした。

続きを読む PHPerKaigi 2020 を主催した #phperkaigi

カンファレンス録画システムを作った #iosdc

TL;DR

草の根技術カンファレンス用にトーク録画システムを作りました。トークの様子を録画して後日YouTube公開するのを主目的にしています。

16:9の動画の左4:3にスピーカーのスライド、右上にスピーカーの姿を合成して録画や配信をすることができます。

カンファレンス録画システム録画例

基本方針はこんな感じです。

  • スピーカーの姿を撮影するビデオカメラの画像と、スピーカーのPCの出力の画像をHDMIキャプチャしPCに入れ、OBS Studioで合成して会場プロジェクタに出力
  • スピーカー、司会用の有線マイク、会場質問用の無線マイク、BGM用のiPod touch、PCからの出力をミキサーに入れ、会場の音声に出力

このシステムをbuilderscon tokyo 2019およびiOSDC Japan 2019で使用しました。

この構成は@rela1470さんがPHPerKaigi 2019で開発した仕組みをベースにしています。この時の苦労話は @rela1470 さんのBlogエントリに書かれていますので興味のある方は是非読んでみてください。

続きを読む カンファレンス録画システムを作った #iosdc

iOSDC Japan 2019 を主催した #iosdc

去る2019年9月5日(木)〜9月7日(土)にiOSDC Japan 2019を主催しました。

今年で4回目の開催 & 会場についても2017年から早稲田大学西早稲田キャンパスで開催しており3回目の会場ということで、スタッフに運営・会場のノウハウが十分蓄積されているという安定安心の事前準備でした。

そんな中、今年もいくつか新しい試みをしました。

スピーカーディナー

スピーカーのみなさんの交流イベントであるスピーカーディナーは初回開催から毎年開催していますが、本来の目的だった「遠征参加してきたスピーカーの方が夜に1人でご飯を食べる様な事態を起こさせない」という目的に対して、開催日にスピーカーのみなさんを一般参加者から隔離してしまい、コミュニケーション促進の意味でよろしくないというデメリットが気になっていました。

そのため、今年は会期から離して開催1か月前に開催としました。そして以前から開催前の広報として「みんな同じフォーマットで自分のトークについてアピールする」という企画(企画名: 政見放送)をやってみたかったのでスピーカーのみなさまによる1minピッチを実施しました。

会場は以前一度使ったことがあってそのインパクトにファンになってしまった、秋葉原はアイデアの城

さすが6倍以上の倍率をくぐり抜けて採択されたプロポーザルの主のみなさま、1minピッチもとても面白く、事前公開した1minピッチ動画は現時点で1,650再生とトーク系動画としてはトップクラスの再生回数になりました。

1minピッチ

スピーカーディナーそのものの価値や意義は依然大きく、遠征参加の方に優しくないという問題はあるものの、スピーカーのみなさんとその他すべての参加者のみなさんとの交流の機会の最大化という意味ではこのスタイルは良いな、と思っています。

The iOSDC Anthem

ここ数年、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグなど欧州サッカーを見ているのですが、大抵オープニングとかアイキャッチにカッコいい曲がかかるんですよね1

それに影響されて以前からiOSDCでもアンセムが欲しいと思っており、今年、遂にその作曲を作曲家の古代祐三さんにお願いしました。

古代祐三さんは長谷川が少年時代から大好きな作曲家で、誰かに作曲をお願いするとしたら古代さんだろうな、とずっと思っていました。

作曲をお願いできることが決まり、オープニング動画ができて音楽が引き立ち…ととてもエキサイティングな準備期間でした。

そしてオープニング動画がこちら!いやあカッコいい!

iOSDC Japan 2019 Opening

動画で使用しているアンセムは1分版なのですが、実はこの曲、フル版もあり、フル版はさらにカッコいいのです!

The iOSDC Anthem – Full Version

iOSDCアンセムは今回だけでなく、今後の開催でも継続的に使っていく予定です。

iOSDC茶会

今年は9月5日(木)〜7日(土)の3日開催だったのですが、毎日、夜には何かしらのイベントを企画していました。そのうちday 0のオープニングパーティ(DJイベント)、day 2の懇親会は昨年から引き続きの定番企画でした。

会期のまんなか、day 1には今年はiOSDC茶会という企画をしました。これは「アルコールを飲まないことがマジョリティの懇親会」です。ビールはiOSDCのDNAですので2アルコールの提供はするのですが、酔って騒ぐ場では無いよ、茶会だからね!というたてつけの懇親会です。

茶会を企画するにあたっては、従来の懇親会の「食事と飲み物を提供する場を用意しコミュニケーションの場とする」に対して逆に「コミュニケーションの場を企画し、食事と飲み物も提供する」という方向で考えていました。

この企画は参加者の「たのしむ力」に依存したコンテンツなのですが、初回にもかかわらず参加者のみなさまのおかげでうまくワークしたのではないかと思っています。ありがとうございました!

茶会についてはPHPerKaigiの開催エントリ「PHPerKaigi 2019 を主催した #phperkaigi」でも書いていますのでご興味ある方は是非ご覧ください。

トーク録画

iOSDC Japanでは2016年の初回開催から原則として全てのトークを録画し、YouTubeで公開しています3

トーク録画は基本的にほとんど見られない上に技術的にもすごく難しく、労力と効果という意味でのコストパフォーマンスがあまり良くないのですが、せっかくスピーカーのみなさまがすばらしいトークをして下さるので記録に残さねば、という使命感だけで歯を食いしばって続けています4

2016年は基本的に自分たちで録画し、2017年と2018年は外部パートナーさまにお願いしていました。2016年と2018年は1つのビデオカメラでスクリーンとスピーカーをまとめて撮影するスタイル、2017年はスライドをキャプチャし、ビデオカメラで撮影した映像に重ねるスタイルでした。

いろいろな方法での撮影を試したのですが、100%満足かというとそうではなく、今年は覚悟を決めて自分たちで機材を購入しての撮影となりました。

いくつか課題はあるのですが、見やすいスライドと聞きやすい声が実現できたと思っています5

10/29追記: 書きました 「カンファレンス録画システムを作った #iosdc

という訳で…

今年も最高でした!

事前準備からしていたコアスタッフのみなさんの力に、そのまま当日スタッフのみなさんの力が乗って、本当に良いチームだったと思っています。ありがとうございました!

そして、スポンサーのみなさま、スピーカーのみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました!

来年も開催できる様に精一杯頑張ろうと思います。
また来年お会いしましょう!!